肌の皮膚炎

今現在世の中にはアトピーで悩んでいる人は大勢います。アトピーとは、生まれつき持っている事の多い皮膚炎です。症状も様々で、赤みを帯びているものもあれば、ブツブツとさめ肌の様になっているものなどがあります。アトピーに気が付いたらまずは皮膚科を受診しましょう。放っておいてしまうと、余計に悪化してしまう事もあるのです。皮膚科によって診察内容は様々だと思います。アトピーの場合は大抵、保湿クリームを貰って終了だと思います。つまり、根本的な治療法は見つかっていないのです。ですが、保湿クリームでしっかり保湿してあげるだけでも、かなり変化は出てくるでしょう。アトピーに欠かせないものは保湿なのです。ですから、乾燥してしまう季節には特に注意が必要です。

私自身生まれつきアトピーを患っています。私もまずは皮膚科を受診しました。結果は上記にも述べた様に、根本的な治療法が見つかっていないので、保湿をしっかりして下さいとの事でした。確かにアトピーは保湿をしっかりする事で、肌が柔なくなり痒みも無くなりました。保湿クリームを塗るベストタイミングは、湯上りの肌が柔らかい状態の時です。実体験から、その時が一番保湿クリームの浸透が良かった様に思います。その後、皮膚科に通う事は無くなってしまったのですが、保湿だけは今現在も欠かせません。夏場などは汗をかきやすいので、化粧水などのサッパリしたもので保湿しています。また冬などの乾燥の激しい季節の時は、重めのクリームなどでしっかりと保湿します。これだけでも、かなり改善は見込めると思います。