首も保湿しよう

気が付くと肌に居座っているしわは、早いうちにケアしていくのが大切です。 薄いしわは肌の表皮にまでしか達していませんが、徐々にしわが進行していき、採取的には肌の奥の真皮にまで達してしまいます。 表皮のしわは化粧品でのケアで簡単に改善できますが、真皮にまで達してしまうとケアが難しくなり時間もかかってしまいます。 そのため、普段から肌を乾燥させないようにして、真皮にしわが達する前に保湿化粧品でしっかりとケアしていくのが大切です。 また、保湿と共に紫外線を防ぐのも有効です。 紫外線は真皮のコラーゲンなどを破壊してしまって、しわやたるみなどの老化を引き起こしてしまいます。 そのため、保湿と同等なくらいケアにも力を入れて、日焼け止めやUVカット化粧品で紫外線対策をするようにしましょう。

顔以上に年齢が現れやすいのが首です。 顔のスキンケアはしっかりと行なっていても、なかなか首やデコルテまで行なっている方は多くありません。 冬以外は首は一年中人目にさらされがちで、しわやたるみなどが気になる部分ですから、スキンケアの時には顔と一緒に首もケアしてあげるのが大切です。 化粧水や乳液などの基礎化粧品を肌に伸ばす次いでに、首にまで伸ばしてあげてケアするのがおすすめです。 顔と同様に潤いをキープすることができて、しわを改善して若々しい印象を与えることができます。 また、くすみを予防することもできるため、顔との色の違いがなくなって、ファンデーションの色が浮かなくなるというメリットもあります。 そして、顔同様、しっかりと紫外線対策を行なうのも重要です。